歯科衛生士部長の採用・マネジメント column

歯科衛生士の産休・育休は、
復帰後に余剰人員になる?

自身も衛生士資格を持つ歯科事業部長。16名のマネジメントをしています

こんにちは。【あきばれホームページ 】歯科事業部長の長谷川です。

「産休や育休の制度を用意すると、復帰する時に余剰人員になっちゃうから困るんだよね」

誰かが産休・育休に入ればその分の欠員補充が必要になります。そのため新たに歯科衛生士さんを採用することも多いでしょう。そして今度は育休スタッフが復帰することになると、余剰人員になってしまう。これを心配して産休や育休を用意しない歯科医院も存在します(産休・育休がないのは違法ですが)。

でも本当に余剰人員になるのでしょうか?MECEプロデュースさんの取材にお答えしました。

産休・育休がない歯科医院は、採用できません。歯科衛生士をどうやって採用するのか?

産休・育休の他にも、歯科衛生士を採用するために必要な最低条件があります。3年以上求人の条件を変えていない歯科医院は要注意です。歯科衛生士からの求人応募をたくさん集めるための条件とは?無料セミナーでお話しています。

  • 4ヶ月で歯科衛生士10名採用できた成功事例
  • 3ヶ月で歯科衛生士2名採用できた成功事例
  • 1ヶ月で歯科衛生士4名応募を獲得できた成功事例

こうした成功事例も紹介しながら、歯科衛生士採用の秘訣をお話する無料ウェブセミナーです。ご興味のある先生は、ぜひ以下のリンクをクリックしてご参加ください。

着手可能数(1月17日現在)

  1月 2月
枠数 30 30
残り

0

22

着手が可能な月日は以下のカレンダーをご確認ください。

現在、多数のお申込みをいただき制作が混みあっております。通常は最短1ヶ月の納期のところ最短1.5~2ヶ月の納期を頂戴しております。

03-4567-6047

お気軽に相談ください

03-4567-6047

平日 10:00~12:00/13:00~17:00

お気軽に相談ください

03-4567-6047

平日 10:00~12:00/13:00~17:00