歯科衛生士部長の採用・マネジメント column

なぜ、歯科衛生士の応募がないんだろう?
先生のキャッチコピーのここがダメ!

自身も衛生士資格を持つ歯科事業部長。13名のマネジメントをしています

こんにちは。【あきばれホームページ 】歯科事業部長の長谷川です。

グッピーに求人を出しても応募がゼロ
とらばーゆに求人を出しても応募がゼロ

もはや「歯科業界あるある」になっているこの事象ですが、一体何が原因なのでしょうか?

ダメなキャッチコピーだと、応募がこない

就職活動中の歯科衛生士さんの動きを考えてみましょう。

グッピーでも、とらばーゆでも、求人を探そうと思った歯科衛生士さんは、まずは自分の希望の条件を入力して、検索するところから始めます。

たとえばグッピーの場合は画像の赤枠の部分に希望の条件を入れて検索します。

検索すると、次の画像のような求人の一覧が表示されます。歯科衛生士さんは、この一覧を上から順にざーっと見て、「ここいいかも?」と思った医院をクリックして求人の詳細を見ます。

画像にモザイクを入れていますが、実際に掲載されている画像にはモザイクはありません。

この、ざーっと見る時に歯科衛生士さんが見ているのは主に、

  • 写真と写真の中のキャッチコピー(画像の青枠部分)
  • 文章のキャッチコピー(画像の赤枠部分)

の2つです。つまり、この2つで「ここいいかも?」と思わせられるかが勝負。この2つが他の医院よりも魅力的でなければ、そもそもクリックしてもらえません。クリックしてもらえなければ、せっかく作った求人の詳細を見てもらうことができないわけです。

どんなに素晴らしい求人の詳細ページを作っても、待遇が素晴らしくても、見てもらえなければ何も始まりません

うちの医院は、待遇が良いはずなのに、応募がこない…

という先生は、求人サイトの一覧ページに表示されるキャッチコピーが原因かもしれません。

こんなキャッチコピーがダメ!

では、ダメなキャッチコピーとは、どんなものでしょうか?ここに例をいくつか挙げてみます。

  • 明るくアットホームな歯科医院です。
  • ●月●日開業。新規オープンの医院で働きませんか?
  • 医院リニューアルのため募集します。
  • 笑顔で明るい職場です。
  • 働きやすい環境です。
  • 患者さまの健康を一緒にサポートしましょう。
  • スキルアップ研修あり、思いやりを大切にしたクリニックです。

え?何がダメなの?そう思った先生も多いのではないでしょうか。ここに挙げたキャッチコピーは、求人サイトを眺めているとよくあるものですから。

一つひとつ何がダメなのか説明していると日が暮れてしまうので(笑)、このキャッチコピーに共通するダメポイントをお伝えします。それはずばり、

医院側目線のキャッチコピーであること。

キャッチコピーは、歯科衛生士目線のものにしないとクリックしてもらえません。

歯科衛生士さんが知りたいこと、嬉しいこと、喜ぶことを反映した

歯科衛生士目線のキャッチコピーでないと、クリックしてもらえないのです。

でも、歯科衛生士目線って難しい…

そうは言っても、歯科衛生士目線で考えるってなかなか難しい…。そうお悩みの先生も多いと思います。

弊社では、歯科衛生士目線になることで、歯科衛生士の採用に成功した歯科医院のノウハウをお教えする無料セミナーを開催しています。

  • グッピー経由で、1ヶ月5名の衛生士の応募を獲得
  • ハローワーク経由で、3ヶ月2名の衛生士の採用に成功

こうした成功事例も紹介しながら、歯科衛生士採用の秘訣をお話する無料ウェブセミナーです。ご興味のある先生は、ぜひ以下のリンクをクリックしてご参加ください。

着手可能数(12月2日現在)

  11月 12月 1月
枠数 20 24 24
残り

0

4

24

12月も既に残り4!着手が可能な月日は以下のカレンダーをご確認ください。

現在、多数のお申込みをいただき制作が混みあっております。通常は最短1ヶ月の納期のところ最短1.5~2ヶ月の納期を頂戴しております。

03-4567-6047

お気軽に相談ください

03-4567-6047

平日 10:00~12:00/13:00~17:00

お気軽に相談ください

03-4567-6047

平日 10:00~12:00/13:00~17:00