増患できるホームページのポイント

こんにちは。【あきばれホームページ 】歯科事業部 主席コンサルタントの長谷川です。

DH資格も持つコンサルタント。サイトの反応率を十数倍にした実績を多数持つ。

「ホームページはあるけど、ちっとも患者さんが増えないんです」

WEBコンサルタントをしていると、このような悩みを打ち明けられることもしばしば。

患者さんが増えるホームページには、いくつかの「必ず押さえておきたいポイント」があります。そのポイントを実践できていないために高い費用を支払ってホームページを作ったのに、患者さんがちっとも来ない。そんな結果になってしまう先生も少なくありません。

 

そこで今回は、ポイントの中でも一番簡単に実践できるものをご紹介したいと思います。

歯科医院は「部屋型サービス」

歯科医院は最も抵抗感の強い
「部屋型サービス」です。

ホームページを作成する際に気をつけなければいけないポイントの一つに、サービスの提供形態があります。

歯科医院のサービスの形態は、最も患者さんの抵抗感が高い「部屋型サービス」です。部屋型サービスというのは、マッサージ、エステ、整体のように、サービスを受けるために部屋の中に入らなければならないサービスのこと。

「人」を見せないと患者さんは増えない

こんな笑顔のスタッフがいると最初から知っていれば不安も少なくなるけれど・・・

人間は外から中が見えない部屋に入っていくことに、慎重になります。特に女性の場合は、身の危険を感じるので、中の様子が分からない部屋に入ることにどうしても躊躇するものです。

そのため医院に入るまで、先生がどんな人でどんな治療をするのかわからない、衛生士さんが親切な人なのか意地悪な人なのか、実際にドアを開けないとわからない、そんな歯科医院には患者さんはなかなか一歩を踏み出せません

ホームページで伝えるべきこと

先生やスタッフがどんな人なのか?
ホームページで事前に知らせて
あげましょう。

ですから歯科医院のホームページで大切なのは、事前に医院の中を教えてあげること。患者さんは、先生がどんな人で、どんな治療をしてくれるのか、それを事前にホームページで知りたいのです。先生の患者さんに対する治療方針や、スタッフの人柄、医院の設備や医院内の様子を事前に知りたいのです。

だからぜひ、こうした内容をホームページで患者さんに知らせてあげましょう。先生や衛生士さんの笑顔の写真と共に、先生方がどんな気持ちで日々の診療にあたっているのかを、ホームページに載せておくのです。

患者さんはきっと先生方の笑顔に安心し、先生方の気持ちに共感してくれることと思います。そして先生の医院を訪れてくれるでしょう。

ココがポイント!

医院の中を教えてあげるために、具体的には以下のコンテンツ(文書や写真)をホームページに用意することをお勧めします。

  • 院長先生やスタッフの方の「笑顔」の写真
  • 院長先生やスタッフの方が「笑顔」で患者さんに接している写真
  • 治療風景の写真
  • 待合室、受付、チェアユニット等の院内設備の写真
  • 院長先生の「診療方針」や医院の「理念」を紹介するページ

さっそく、上記の写真やコンテンツを用意して、医院のホームページに掲載してみましょう。

なお、【あきばれホームページ歯科パック】は、カメラマン派遣による写真撮影サービスが標準で付いています(※)。そのため、院長先生やスタッフの方、院内設備の写真を撮影してホームページに載せることが可能です。写真をふんだんに使って、来院前の患者さんの不安を払しょくしていただければと思います。

(※)地域によっては別途交通費がかかることがあります

あきばれホームページは写真撮影付き!
カメラマン派遣による写真撮影サービスはこちらへ

着手可能数(9月11日現在)

    9月 10月
残り   終了 11

10月の着手枠を拡大しました。それでも残り少ないためお早めのお申込みをお願いします。着手が可能な月日は以下のカレンダーをご確認ください。お早めのお申込みをお願いします。着手が可能な月日は以下のカレンダーをご確認ください。

現在、多数のお申込みをいただき制作が混みあっております。通常は最短1ヶ月の納期のところ最短1.5~2ヶ月の納期を頂戴しております。

03-6869-0112

お気軽に相談ください

03-6869-0112

平日 10:00~12:00/13:00~17:00

お気軽に相談ください

03-6869-0112

平日 10:00~12:00/13:00~17:00